サイト内検索

■おしらせ

2018/08/10
平成30年09月のドクタースケジュールを追加しました。
2018/07/03
平成30年08月のドクタースケジュールを追加しました。
2016/07/07
近視抑制(低濃度アトロピン点眼)のページを公開しました。
2016/05/11
新院長就任のご案内を公開しました。
2016/04/04
【iTICKET】の使い方を公開しました。

ごあいさつ

池之端眼科クリニックは東京都台東区の眼科医院です。 眼(目)に関する病気、お悩みならお任せください。根津駅の2番出口から徒歩2分で、日・祝日の診療も行っています。当クリニックは、日本医科大学付属病院眼科学教室と提携してます。皆様の目の健康と視力を守るために、年に一度は眼の定期検査を、コンタクトレンズをご使用される場合は6ヵ月に一度は定期的に検診を受けられる事をお勧めしております。



花粉症と眼の症状

目がかゆくなるのはなぜ?

結膜や鼻粘膜には、肥満細胞というアレルギー反応を引き起こす細胞があります。

花粉が目や鼻、口から侵入すると、花粉を取り除くために抗体が作られます。再び花粉が侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質がでて、目がかゆくなります。

この化学伝達物質のことをメディエーターと呼びます。目と鼻は神経を一部共有しているため、目のかゆみは鼻に入った花粉によっても起こります。

目がかゆくなる仕組み
(1)花粉が眼、鼻、口、皮膚などから入ってくる。

(2)リンパ球が花粉(抗原)を異物と認識し、抗体を作る。

(3)抗体が肥満細胞にくっつき、再び花粉が侵入する。

(4)ヒスタミンなどのメディエーターを出す。

(5)目のかゆみ、充血、鼻水など様々なアレルギー症状が引き起こされる。